2016年8月1日月曜日

8月/台風シーズン前の屋根や雨どいの点検

台風シーズン到来前に、家の内外を点検しましょう。
特に屋根と雨どいは要注意です。

※転落などの危険があるため、絶対に屋根には上らないでください!
屋根に上っての補修等が必要な場合は、ご相談ください。



●屋根の点検

①目視での確認

敷地内外の“家全体を見渡せる場所”から、双眼鏡なども使って、屋根と住まい全体を目視で確認します。
瓦などの屋根葺き材がズレたりひび割れたりしていたら、補修が必要になるかもしれません。


②天井裏で雨漏りの跡を探す

天井の「点検口」から天井裏に顔を出し、見える範囲だけでも確認しましょう。懐中電灯で濡れた跡やシミ、カビなど、雨漏りの跡を探します。
また、室内まで雨漏りのシミが確認できる場合も、屋根補修が必要になるかもしれません。


●雨どいの点検

雨どいは、屋根面を流れる雨水を集め排水するためのものです。
雨どいは落ち葉などが溜まって詰ると、あふれ出た雨水が外に飛び散るなどして外壁等を塗らしたり、汚したりしてしまいます。
樋の中に落ち葉やゴミがないか点検し、取り除きましょう。