2016年7月12日火曜日

内部結露のお話。

事務の大津です。
今日は、内部結露のお話をしたいと思います。

結露ってどうして起こるのでしょう?
グラスに冷えた飲み物を注ぐと、表面に水滴が付きますよね。


結露は、水分を含んだ暖かい空気が冷たく冷やされたものに触れることで起こります。
壁の中に湿気が入り込み、壁の中で結露が発生するのが、内部結露です。


内部結露は、夏でも起こります。

この状態が長く続くと、柱や土台が腐ったり、断熱材にカビが生えたり…

そうならないためには、湿気を逃がして、壁の中を乾燥させてあげる必要があります。

エアサイクルの家では、床下や壁の中、小屋裏の空気が常に動いているので木材の表面を乾燥させて、内部結露が起こりにくい状態に保つことができます。



結露が軽減されると、木材の腐朽やシロアリの繁殖も防いでくれるのです。

エアサイクルの家について、詳しくはこちらをご覧ください♪