2016年6月1日水曜日

6月/押入れ・クローゼットのカビ対策

押入れやクローゼットは閉め切っていることが多く、家の中でも特に換気がされにくい場所です。

梅雨時は湿気がこもり、知らない間にカビが生えてしまうことも…。

換気を良くし、押入れ・クローゼットのカビを予防しましょう。






①すのこで隙間を作る

布団や衣装ケースの下にすのこを敷いて、押入れ内の風通しを良くします。空気の通り道を作ることでカビが発生しにくい環境になります。
また押入れやクローゼット内に布団など物を詰め込みすぎず、奥や両側にも少し隙間を作って空気が通りやすいようにすると効果的です。


②新聞紙、重曹で湿気取り

新聞紙を広げて敷いたり、くるくる丸めたものを置いておくと湿気を取ってくれます。すのこの下に新聞紙を広げて敷いておくとさらに効果が期待できますね。新聞紙がしっとりした感じになったら交換です。
また空き瓶などに重曹を入れ、上は通気を良くしたものを押入れ内に置いておくのも効果的です。重曹は湿気だけでなく匂い防止にもなるので、ぜひお試しください。


③扇風機の活用

押入れやクローゼットは定期的に扉を開き換気しましょう。
その際扇風機を使って強制的に風を送るようにすると、湿気やカビの原因となる胞子を飛ばすのに効果的です。